日下内科クリニック
 
HOME 診療内容 医院紹介 アクセス
→解説ページの目次に戻ります。
コレステロール
コレステロールは脂質の一種で、中性脂肪やリン脂質の仲間です。細胞膜を維持するという役割、性ホルモン、ホルモンの原料、胆汁の原料にもなります。血管の内側に張り付いて、血管を保護するなど、いろいろな働きをしています。コレステロールは、いいイメージがないようですが、コレステロール値が高くなる理由は、コレステロールが多いのが原因でなく、それをコントロールする機能の低下によるものなのです。この機能が低下すると必要以上に血管に付着し、動脈硬化の原因となったりします。動脈硬化は、脳血管障害や心臓病に進行する場合もあり、コレステロールの研究は、医学会ばかりでなく、栄養学の分野でも盛んに行われています。近年、コレステロールについての解明も進んでいます。当院長は、糖尿病の研究を続けており、生活習慣病全般の多くの症例を手がけています。食事によるコントロールなど最新で安全な情報をご提供しています。
善玉と悪玉、HDLとLDL HDLとLDL
善玉コレステロール、悪玉コレステロールとは、よく聞かれる言葉です。 一般にHDLに運ばれるコレステロールを善玉コレステロール、LDLに運ばれるコレステロールを悪玉コレステロールと言います。
HDLには、全身の細胞で余ったコレステロールを回収し、肝臓に運ぶ機能があります。一方LDLは、それ自体「悪玉」ではないのですが、コレステロールを各細胞に運ぶのみで、余分なコレステロールを回収する機能を持ちません。このため、余分なコレステロールが血液中にたまってしまい、酸化して、本当の悪玉に変化し、血液の壁を傷つける原因となってしまいます。
コレステロール適正値
コレステロールは、体の中で有益な役割をはたしているので、少なければいいということはありません。HDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスが大切ということも分かってきました。
また、多く脂肪をとり過ぎても、コレステロールがたまりにくい人、たまりやすい人がいます。 人間の体内のコレステロールは主に肝臓で作られ血管をつたって体中の細胞に運ばれます。このとき、細胞はLDL レセプターを開いてコレステロールを中に入れます。この扉のようなLDLレセプターが何らかの理由で開かなくなると血液中のコレステロールが増えてします。これが、高コレステロール=高脂血症という症状なのです。
レセプターの機能が低下しているのは下記のような場合が多いです。
レセプター機能が低下している例
高脂血症から動脈硬化へと症状が進むと、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす原因となります。高血圧や、糖尿病などと併発すると、より危険度が高まります。よって、下記の症状がある方はvコレステロール値にも敏感にならないといけません。
血圧が高い 血糖値が高い タバコを吸っている
日本では「高脂血症」とは、血中の総コレステロール値が220mg/dl以上の人のことを言いますが、上記のように、個 々に危険な数値は異なります。健診などで、コレステロールが高めと言われたら、その数値が小さいものでも、上記に当てはまるものがある場合は、医師に相談し、詳しい検査をうけましょう。
高脂血症
血液中の脂肪にはコレステロールとトリグリセライド(中性脂肪)があります。血液中の脂肪が高くなるのが高脂血 症です。従って、コレステロール値が高ければ高コレステロール血症、トリグリセライド値が高ければ高トリグリセライド血症となります。コレステロールも中性脂肪も高いという方も少なくありません。
コレステロールは有益ですが、「高脂血症」になってしまった人にとっては、動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などを発症しないためにも、血中コレステロールを下げることは、非常に重要になります。血中コレステロールが増加すれば、するほど危険度も高まります。アメリカでは、国をあげて対策をした結果、国民のコレステロール値は下がってきています。しかし、日本では、毎年上昇しています。
page up
Copyright 2005 Kusaka Clinic All Rights Reserved.