日下内科クリニック
 
HOME診療内容医院紹介アクセス
→解説ページの目次に戻ります。
内視鏡
以前は胃の検査をする内視鏡を胃カメラといっていましたが、今では「内視鏡」という言葉もかなり一般的に使用されるようになりました。内視鏡は直接患部を見ることができるために、他の検査機器より、疾患の発見の精度もたかく、ここ数年だけでも機器の精度、医師の技術もかなり進歩しています。
日本人は世界的にみて、消化器のがん患者が非常に多いといわれています。そして、消化管癌の予防・治療にたいへん効果的な医療が内視鏡です。
当院の消化器を担当する加藤医師は、東京慈恵会医科大学附属病院で内視鏡の講師を務め、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・評議員です。
内視鏡とは
内視鏡とは、ファイバースコープや先端にCCD(固体撮影素子)を搭載した電子スコープを用いて、直接、消化器粘膜を観察する検査機器です。CCDからの画像は、色や形態が鮮明に映し出されるので、病巣(びょうそう)部を直接、細かく観察できることが大きな特徴です。病巣の位置や大きさだけでなく、病巣の拡がりや表面の形状、色調 などから、病巣の数や進行度合いも判断できます。
また、内視鏡は、直接細胞を採り、病理検査ができるため、病気の判定に役立っています。
近年、日本人の胃がん死亡率が大きく減少しました。これにはさまざまな要因(手術の進歩、術後管理の進歩、抗がん剤の進歩など)がいわれていますが,最大の理由は検診が広くおこなわれるようになったことで、中でも、内視鏡検査は早期胃がんの発見に大きく貢献しています。内視鏡での胃集団検診により発見されるがんの中で約60%は早 期がんという成績も報告されています。
食道・胃の検査
当院では上部(食道〜胃〜十二指腸)の内視鏡による検査が可能です。
逆流性食道炎 胃炎 胃・十二指腸潰瘍 ポリープ 食道静脈龍 食道がん 胃がん
などの疾患の発見に効果があります。レントゲンやバリウム検査で発見されない病巣を内視鏡で発見できたという例はたいへん多いです。
痛みがまったくない検査も可能です
内視鏡検査の手順
*当院では鎮静剤を使用した検査が可能です。
昔は、内視鏡のスコープも太く、内視鏡で不快な体験をされた方も多いと思います。現在のスコープは昔と比べかなり細く、また検査者の腕前という点でも進歩しており、当院の加藤医師は、年間1500例以上の検査を行っているエキスパートで、医師に教える立場の「指導医」ですから安心です。最新の機器と上級の検査により検査時間も短縮され、鎮静剤を使用する場合でも少量ですむため、身体に悪影響はほとんどありません。
page up
Copyright 2005 Kusaka Clinic All Rights Reserved.